皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

「観察力の優劣は、人間に大きな差をつける。ロシアのことわざにあるように、注意力の散漫な人間は、「森を歩いても薪を見つけられない」のである。」

 作家、サミュエル・スマイルズの言葉です。

 痛いな~

 痛い言葉だな~

 今朝方、家内と価値観について口論になりました。

 僕の場合、薪を見つけられないどころか、手に持ったものを薪だと思い込んで意気揚々と森を歩いている感じです。

 観察力もなく、注意も散漫な僕は、現在猛省中!

 あなたの気遣いは誰にも伝わらない、とはっきり言われてしまいました!

(ノ◇≦。)

 ってなわけで、今日ももう一度、張り切って森に挑もうと思いっています!

(o^-‘)b

イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア