皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

「いいか、資本主義経済では全てが資本だ。」

 居酒屋明月大将、藤原荘六さんの言葉です。

 

 って、僕の親父ですね。

 僕が16歳、初めて自分の家以外でアルバイトを始めた時に父に言われた言葉です。

 この言葉は更に続きます。

「自分が資本家だと思って、働きなさい。その職場は自分の会社だと思って精一杯働きなさい。」

 資本主義経済では全てが資本。

 当時は全くチンプンカンプンでした。

 でも今は少しだけ理解ができます。

 自分の体も、与えられた時間も、知識も、経験も、全て資本になりうる。

 限られたリソースの中、どこに集中するのか、どの部分を集中して投資しするのか。

 16歳の僕には後半部分の方が理解できたので、そのバイト先でも活躍することができました。

 それでも自分の会社だと思って働く僕は、勝手なことばかりして叱られることも多かったですが・・・。

 全てが資本。

 本当に身に染みています。

 特に時間。

 全ての人に平等に与えられているものなだけに、この使い方は本当に奥が深い。

 ってなわけで、本日も朝からバリバリに張り切っております! 

(o^-‘)b

イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア