皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 今日は少しだけ昔話を!
 中学生の頃。
 もう卒業間際でした。
 僕は友達を前に息巻きます!
「いいか!これから男ってものを見せる!みんな隠れて見ているように!」
 数時間前、僕は意中の女子を呼び出していました。
 一度も話した事はなかった女子!
 毎朝体育館の窓を開けている天使のような笑顔!
 待ち合わせは午後一時!
 岡崎城の前の亀の石像で待つ!
 そして午後一時。
 お堀にしがみついて隠れている仲間たち。
 午後二時。
 お堀から顔を出している仲間たち。
 午後三時。
 泣き出しそうな僕。
 お堀から出てきてしまっている(呆れた顔の)仲間たち。
 こなかったダスよ~
(ノДT)
 こなかったの!
 三時間も待ったの!
・°・(ノД`)・°・
 青春の甘酸っぱい思い出だぜ!
(。・ ω<)ゞてへぺろ?
 そして、23年の月日が流れたよ。
 で、来たの!
 その彼女が来たよ!
 うちの店に!
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
 先週の土曜日。
 同級生が予約。
 プチ同窓会なんだって!
 俺呼ばれてねーし!
 忙しいので厨房から出られず。
 でもスキを見てフロアへ。
 プチ同窓会って何だよ!
 いたよーーーー!
ヽ((◎д◎ ))ゝ
 びっくりしましたね~。
 まだ可愛かったね~
 でも話せなかったよ。
 わかるでしょ?こういうの!
 すまねえな。
 お前を好きだったのは過去の話さ。
 今?
 今俺には家庭があるるんだ。
 近づくなよ。
 火傷するぜ。
(???ゝ?)
 その子も家庭があるんだって!
 話してないけど!
 ってなわけで、お店をやってるって面白ーい!
 今日も全開に張り切ってます!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア