皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

「一般に日本人は肩書きを尊びますが、実はこれほど有害なものはありません。自分自身を見つめることを妨げるからです。」

 トッパン・ムーア会長、宮沢次郎さんの言葉です。

 すごくありがちなことですよね。

 自分は課長だから、係長だからと肩書きにこだわって動けなくなるひと。

 自分は○○長だからこうでなくてはいけない。

 実はそんなことってないですよね。

 ○○長として求められる結果はあるかもしれませんが。

 たとえば僕が社長だとしてそれに固執すれば、雑用はしなくなります。

 社長ですから。

 皆に対して、言葉使いや行動も強制するかもしれません。

 肩書きに乗っかっちゃってる状態です。

 大切なのはチームとしての成果です。

 そこに初めて役割としての肩書きがあります。

 自分という資質をひとつの道具にたとえて、それをどううまく使えるか。

 必要とあらば対外的に肩書きを使う。これも道具です。

 内的要因に肩書きなんていらないです。

 むき出しにした本人の資質で仕事はこなすべきでしょう。

 そうでなければ本当のお客さん(商品やサービスを喜んでもらう人)が見えなくなってしまいます。

 ちなみに僕は昨日の休憩時間、社員の麻奈美ちゃんにコーヒーを淹れました。

 おい!麻奈美ちゃん!これが社長の仕事か!

 はい。

 働く人たちの環境づくりは大切な社長の仕事です。

 社長の淹れたコーヒーを喜んでもらえるなら、それでテンション上がるなら、、、、

・°・(ノД`)・°・、

 ってなわけで、本日も張り切っているわけです!

 麻奈美ちゃん、今日は僕にコーヒー淹れてね!

(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア