皆さん、こんいちは!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

「できないと思ったことをクリアした人だけが、一段上の景色を見ることができる。」

 シンクロナイズドスイミング北京オリンピック元代表、石黒由美子さんの言葉です。

 当たり前のことですが、でもこの人が言うとすごく重たい響きを感じます。

 彼女は小学生のときの交通事故で、顔を540針縫うという大惨事に合います。

 視覚障害、難聴、顔面麻痺、身体も思うように動かない。

 そんな中、たまたま病室のテレビで見たオリンピック。シンクロの競技を見て夢を描きます。

 自分もオリンピックに出るのだと。

 当然、通常生活もままならない筈の彼女。

 泳ぐことの克服。

 シンクロにとって命である笑顔。つまり顔面麻痺の克服。

 仲間たちと連携を図るための聴覚視覚の克服。

 学生時代には挫折から家を出たことも、シンクロを捨てたこともあったそうです。

 それでも周りの人たちに支えられ、自身は幼い頃からつけていた「夢ノート」に発奮し、北京オリンピック出場という夢を果たします。

 彼女が見たもう一段上の景色。

 僕は偶然テレビのドキュメンタリーで観たのですが、泣いちゃいました。

 でもいつも思うんです。

 宝は簡単に見つけられないから宝なんだと。

 困難を乗り越え、人々の想いの集積があり、やっと手にしたものだからこそ光り輝くのだと。

 彼女が手に入れた一段上の景色。

 そこはどんなに輝いた世界だったんでしょうか。

 

 ってなわけで、また少しだけ熱くなっちゃった。

 本日も張り切って参りましょー!

(o^-‘)b

イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア