皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
「俺は、最後には必ず見つけるんだよな」
 藤原荘六の言葉です。
 実は僕の父です。
(*゚ー゚)ゞ
 父は何かを無くした時、あまり熱心には探しません。
 一通り身の回りを探した後は、フッと力を抜く。
 焦ったりもしません。
 おかしなもので、探し物というのはしばらくすると見つかるんです。
 そこで父は嬉しそうに言います。
「おれは、最後には必ず見つけるんだよな」
 当たり前といえば当たり前で、当時僕は馬鹿なこと言ってるな、って感じでした。
 でも今思い返すと、これって真理ついてるんですよね。
 絶対にこうするぞと決め込むと、いこじになり、別の選択肢を見失います。
 ひとしきり事を行い、フッと力を抜く。
 最後に辿り着く場所を確信してみると、思わぬ道が開けたりするものです。
 必ずこうという事ではなく、道も方法も幾万通り。
 笑って、最後には辿り着くんだよな。
 そんな感じも良いのかも知れません。
 ってなわけで、本日も結局張り切って参りましょー!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア