皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
「未来は現在と同じ材料で出来ている」
 フランスの思想家、シモーヌ・ヴェイユの言葉です。
 この言葉は以前紹介したことがありますが、好きな言葉なので再登場です。
 言葉の通り、未来というものは現在の結果であるということ。
 今何をするかが、未来の材料になっています。
 未来ばかり見て今をおろそかにするは間違いで、今この地点から未来を作り出すことがより理想に近づく方法です。
 同じように、過去というのは現在の材料だったものです。
 でも過去に執着しすぎるのは未来を描く阻害要因になりかねません。
 なぜなら、過去の材料は腐敗してゆくのが自然の摂理だからです。
 過去を大切にするのは良いにしても、執着しないこと。
 そしてもうひとつ大切なことは、今ここに未来を作るべく多くの材料が存在していることです。
 今を大切にできる人は、それを知っている人です。
 すべてをリセットして、次のステージに上がろうとする人が時々います。
 でもそれって、今を大切にしているといえるのでしょうか?
 今ある材料を大切にできない人は、未来を自由に描くことは出来ません。
 執着しないこと、今を大切にすること、飛び出すほどの行動力。
 これ実はすごく難しいんですけどね。
 まず、何を作り出したいのか。
 現在どんな材料があるのか、細かく見逃さず検証する。
 大切にする。
 思い切る。
 感謝する。
 これが一番大切なんじゃないですかね!
 ってなわけで、今日も未来の材料を張り切って捏ねて行きますよ!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア