皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 「忍耐とは、無抵抗に諦める事でも、恐れて行動しないことでもありません。忍耐とは、積極的に待って、耐え忍ぶことです。」
 宗教家、ディーター・F・ウークトドルフの言葉です。
 兵法には五つの“進む道”があると云われます。
 文字通りの前進。
 右、左による旋回。
 後退もまた進むべき道です。
 そして、五つ目は留まるという、停滞。
 この停滞というのがとても難しい。
 万物は停滞すれば、腐に陥るからです。
 しかしウークトドルフの云うところの忍耐を用いれば、それも見事に進む道です。
 積極的に待つ。
 これは「人事を尽くして、天命を待つ」と通じますね。
 積極に待つ事が必要な局面は必ずあります。
 特に今の僕には必要な言葉です・・・。
 ついつい功を焦ってしまいますから・・・。
 テヘヘ!
(^▽^;)
 ってなわけで、本日も積極的に張り切って参りましょう!←待つ、が抜けてる・・・。
(o^-‘)b
イェイ!
 

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア