皆さん、こんにちは!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

 泣いています!

 ネットで見つけた感動のお話です。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

『穏やかな気持ち』

母が認知症になった。
施設には入れずに、自宅で介護を続けてきた。
施設の見学には行ったが、
母をそこに入れることが不憫に思えた。
3年後。
懸命な介護にもかかわらず、母の認知症は進んだ。
その頃には私も介護に疲れ、少しのことでイラつくようになっていた。
ある日、家の庭に野良猫がやってきた。
母は猫を指差し、「あれは何だい?」と訪ねてきた。
私は「あれは猫だよ。」と、少し冷たく答えた。
母は1分もしないうちに私に訪ねた。
「あれは何だい?」
「母さん。さっき言っただろ?あれは猫だよ。」
私は少しイライラしていた。
母はまたすぐに言った。
「ねぇ、あれは何?」
私は感情にまかせて母を怒鳴った。
「母さん!何度も言ってるだろ!あれは猫だよ!!分からないの!!」
母は恐れるような眼で私を見つめ、それからは黙っていた。
その後すぐに、私は母を施設に入れることにした。
母の荷物をまとめるために部屋を整理していると、古いノートが何冊も出てきた。
パラパラとめくって中身を見ると、それは母の日記で、
私を産んでから数年間、毎日のように書かれたものであった。
私はハッとした。
それを読んでも母を施設に入れる気持ちは変わらないと思ったが、
なんだか申し訳ない気持ちになって、なんとなく読み始めていた。
内容はありふれたもので、
『私が初めて〇〇をした。』というようなことがほとんどであった。
私は大した感動をすることもなく1冊目を読み終えると、
2冊目の日記を読み始めた。
6月3日。
もうすぐ4歳になる息子と公園に行くと、
1羽のハクセキレイが目の前に飛んできた。
息子は「あれは何て言う鳥?」と、
私に何回も何回も訊いてきた。
私はその度に
「あれはセキレイって言うんだよ。」
と、言って息子を抱きしめた。
何度も訊いてくれることが、
私をこんなに穏やかにしてくれるなんて。
この子が生まれてきてくれてよかった。
ありがとう。
読み終わった私の目には涙があふれ、
母のもとに駆け寄り、
やさしく抱きしめながら泣きじゃくった。
母は、そんな私をただやさしく撫でていた。
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 素敵なお話ですよね。

 去年の夏、親父が亡くなるほんの数週間前。

 僕と家内と娘で親父の故郷を訪れました。

 目的は、お墓参りと、父へのお土産。

 病状が悪化し、食べることもままならない、食欲の無い親父に故郷のお水、故郷の牛乳、幼い頃遊んでいた河原の石を持ち帰るために。

 病室に戻り、親父の手に持ち帰った石を握らせ、道中道に迷った話などを親父に聞かせた。

 親父の故郷はひどく田舎なのもあるが、僕はめっぽう方向音痴。

 親父は少しばかり顔を高潮させ、声に力が入った。

 「お前はいっつもそうだ!方向音痴で駄目だ!」

 言った後、満足げに、穏やかな顔で僕を見る。

 僕も何だか嬉しくなった。

 昔みたい。

 お互いの空気が、僕の幼かったころみたいになった。

 そんなことを思い出しました。

 ってなわけで、今日も張り切っています!

 もう泣かないぜ!男の子は!

(o^-‘)b

イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア