皆さん、こんにちは!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

 さて、皆さんはご兄弟と仲は良いですか?

 ちなみに僕は、弟とチョー仲良しです!

ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

 たぶん僕がかなり素敵な兄なんでしょうね。

 慕われているんです。確実に。

 神奈川と愛知で離れて暮らしてはいますが、よく一緒に酒を飲みます。

 家内同士も仲良しさんです。

 そんなチョー仲良しな弟と酒を飲みながら、今でもよくする昔話。

 僕は小学五年生。弟は小学一年生。

 昭和中後期を岡崎で過ごされた方にはおなじみの玩具屋さん。

 シビコ1Fの『ダックス』。

 そこで僕は見つけてしまうわけです。

 不思議な縫い目の入ったスポンジ・ボール。

 その名も『変化球王』!

 これ凄いんです。

 縫い目を工夫すると、さまざまな変化球が自由自在!

 即購入!

 早速家に帰り、弟の前で披露。

 カーブ投げ。シュート投げ。フォークボールもお手の物。

 弟は目をキラキラと輝かせます。

 僕は簡単にはボールを弟に貸しません。

 壁に向かってドンドン変化球を投げ続けます。

 そろそろかな?

 というのは、僕が飽きはじめ、弟が猛烈に欲しくなるタイミング。

 「これ売ってあげるよ。本当は3千円だけど、僕遊んじゃったから2千円」

 弟は節約家で、お金はちゃんと貯金しています。

 でも野球大好き。

 僕は弟にボールを握らせて、投げてみるように促す。

 ボールはみごと変化をつけ、壁にぶつかる。

 僕はボールを拾い上げ、要らないなら別に良いよとまた壁に向かって楽しげに投げる。

 二千円を握り締めた弟は嬉しそうに僕からボールを受け取る。

( ´艸`)ぷぷぷ!

 で後日、弟は『ダックス』で発見してしまうわけです。

 『変化球王・300円』

 今でも怒っています。

 ほろ苦い、少年時代のエピソードです。

 ごめんね。

 お兄ちゃんは悪気だらけだったんだ。

 あの当時、お兄ちゃんは毎月のお小遣いが1週間で消えてしまうという難病を抱えていたんだよ。

 君から頂いた無垢な2千円はビックリマンチョコに変わったよ。

 貨幣経済って凄いね。

 ものがどんどん形や価値を変えていくんだ。

 需要と供給ってあるだろ?

 僕たちは経済って云う荒波にもまれながら、何を握り締めているんだろうね。

 あの変化球王は、まだ僕達の心の中で、あるいは環境の中で、今だ変化し続けているんだ。

 ありがとう。

 お兄ちゃんは愛知の片隅で、今日も君との酒席を待ってるよ!

 

 <完>

 ってなわけで、本日華の金曜日!

 張り切って営業です!

(o^-‘)b

イェイ!

 今でもチョー仲良しだよね~♪

ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア