皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
「もともと人類は“人間動物園”に自ら檻をつくっているようなものですからね。檻があれば安全だし、bottomで暮らせば不自由しないしね。」
 プロスキーヤー、三浦雄一郎さんの言葉です。
 耳が痛いですね。
 人類にとっての檻とは、組織であったり、個人の意固地であったり。
 そうした型に自分をはめ込み、安心を得たくなるのが人間です。
 しかしその檻の中で、結局は鈍く退化していってしまいます。
 檻を出ること。時に雄叫びをあげ、自ら獲物を捕らえる気迫。
 さて、今の自分は如何なもんぞや。
p(´⌒`q)
 頑張れ、猿山のボス!
 ってなわけで、曇り空の本日!
 型にこだわらず、楽しんでいきます!
(^∀^)ノ
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア