皆さん、こんにちは!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

 さて、今日もお酒の話。

 芋焼酎の話です。

 芋焼酎は通常、蒸留してから3~4ヶ月の間、濾過や油取などをしながら熟成させます。

 そして発酵の過程で、炭酸ガスが生じ、こげた匂いや荒っぽい味になったりします。

 つまりこのこげ臭が、焼酎の「焼」の由来にもなっています。

 では、蒸留期間を短くし、無濾過の焼酎ってどんな味?香り?

 実は、すごく甘みがあり、フルーティーなんです!

 ではでは、なぜ?

 どうして、そんなことお前が知ってるんだ?

 はい、知っています!

 手元にあるからです!

東岡崎 豚もつ鍋屋の社長ブログ-111116_1413~01.jpg

 じゃ~~~~~~ん!

 宮崎産の焼酎『そげん わけもん』!!!

 超早出し蒸留仕立て!!

о(ж>▽<)y ☆

 この焼酎、蒸留期間1~2週間!

 無濾過なのでたまに香味成分が浮遊しています!

 まだ本当に若い焼酎なので、しっかりとした甘みとフルーティーな香りが活きています!

 面白いのが、初めはロックがオススメなのですが、3~4ヶ月期間を置いて熟成を待つと、お湯割が美味しくなるとの事!

 今年、2011年度製造の初芋焼酎のため、数量に限りがあるそうです!

 でも僕、手元に数本持っています!

 近日発売予定です!

 お楽しみに!

(‐^▽^‐)

 ってなわけで、本日も元気全開です!

 (o^-‘)b

 イェイ!

東岡崎 豚もつ鍋屋の社長ブログ

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア