皆さん、こんにちは!

 『東岡崎 豚もつ鍋 明月』の藤原です!

 僕の好きな言葉、『上善は水の如し』

 『水はよく利するも流れには逆らわず 人の嫌う下におる』

 老子ですね。

 最善の生き方とは水のようなものである。水というものは他を潤しながら流れに逆らわず、形を変えて、人達が嫌がる下へ下へと行くものである。

 今まで、こんな風に考えながら自分なりにやってきましたが、今日もっと大きな言葉に出会いました。

 『琵琶湖が満々と水を湛えているのは、他よりも低いからである』

 ビックリです。

 僕は水になろうと思っていたのに、そこにはそれを更に低い場所で受け止める器がありました。

 またその先にはきっと、もっと大きな海があるんですよね。

 長たる者は器にならなくては!

 ハッと気付かされました。

 僕が水ではいけません!

 働いてくれる仲間達は、上善であり、それよりも低く低く受け止めるのが僕でなくては。

 世界はまだまだ広そうです!

 この言葉とエピソードについては、またメルマガで紹介します!

 ってなわけで、本日はメルマガ発行日!

 素敵なエピソードと共に東岡崎を元気に!

 ぜひぜひ登録してみてください!

 『ほぼ週刊 少年メイゲツ』

http://www.mag2.com/m/0001188715.html

 それでは本日も元気に楽しく営業です!

(o^-‘)b

イェイ!

東岡崎 豚もつ鍋屋の社長ブログ

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア