皆さん、こんにちは!

 『東岡崎 豚もつ鍋 明月』の藤原です!

 『天佑は常に道を正して待つべし』

 これは花王の創業者、長瀬富郎の言葉です。

 (天の助けが欲しければ、まっとうなことをしなければならない)という意味です。

自分ひとりではどうにもできなくて、周囲の誰かに助けてもらいたいと思うときがあります。ところが誰も助けてはくれず、途方に暮れてしまう時、僕達はつい周囲の人を恨みがちです。

 でも本当に悪いのは周囲の人なのだろうか?助けて欲しいときだけ、良い顔をしていないだろうか。

 これまでにしっかりと胸を張れる行いをしてきただろうか?

 正しい行いをしていれば、どこからとも無く救いの手が伸びてくるはずなのである。

 Σ(゚д゚;)

 ドキッとするお話です!

 最近僕の大切にしている言葉と同じですね。

 『善因善果に通ず』

 救いの手を当てにしてはいけないけれど、良い行いは良い結果に通じ、結果悪ければ、悪い原因があるのは世の常ですね。

 ってなわけで、明月のミッションは東岡崎から元気を発信です!

 本日も頑張って、明るい善因を積み上げてゆきます!

(o^-‘)b

イェイ!

東岡崎 豚もつ鍋屋の社長ブログ

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア