皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 豚もつ鍋 明月』の藤原です!

 『居ては其の交わるところを見。
 
  富しては其の与えるところを見。
 
  達しては其の挙ぐるところを見。
 
  窮にしては其の成さざるを見。
 
  貧にしてはその取らざるを見る。』

 これは中国の春秋戦国時代の言葉で、何をもって人を見るのかという問いに答えたものです。

 平常時はどんな人と付き合っているのかをみる。

 お金があるときその人は誰に何を与えているかをみる。

 出世がかなったとき、その人は誰を推挙しているのかを見る。

 困っているとき、その人は何をしなかったのかをみる。

 貧しいとき、その人は何を取らなかったのかをみる。 

 この言葉は、僕の場合、自分に当てはめて規範のひとつとしています。

 つまり、平常時、富めるとき、人に恵まれ後押しされているとき、困窮したとき、貧しいとき、自分はどんな行動をしているのかと。

 今朝、急激な円高が進みました。

 輸出系企業は、また大きな打撃を受けてしまうかもしれません。

 地震による経済混乱が始まろうとしています。

 でもこんなときこそ、それぞれが持っている規範に沿って行動しましょう。

 昨日も書いたとおり、冷静になりましょう。

 景気とは、その名が示すとおり『気』です。

 皆さんが気狂いさえ起こさなければ、景気の混乱も起きません。

 ここは慎重に、気を静めて。

 東北地方の復興に、これから官民一体となって取り組まなくてはいけません。

 これから東北地方にたくさんの需要ができます。

 大丈夫です!

 今はしっかり慎重に暮らしましょう!

 景気は我々の気によって好転させましょう!

 風邪は引き始めが肝心です!

 気を取り戻しましょう!

 僕はただのもつ鍋屋です。

 こんなときこそ、我々飲食業の出番です!

 皆さんが歯を食いしばって作ってゆく経済を、僕達飲食業が盛り上げるのです!

 たくさん「いらしゃいませ!」と叫びます!

 お疲れ様ですを込めて接客します!

 みんなで感謝を分かち合いながら笑顔でお見送りします!

 飲食業は、料理を作るだけのところではありません、皆さんを元気にするところです!

 皆さん、この難局を乗り越えましょう!

 繰り返しますが、景気は『気』の持ちようです!

 
 明月は今日も元気に営業です!

東岡崎 豚もつ鍋屋の社長ブログ

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア