皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 豚もつ鍋 明月』の藤原です!

 東北地方太平洋沖地震、時間の経過と共に被害状況が明らかになり、尋常ではなかった様子が恐怖と共に伝わってきています。

 僕達に何ができるだろうか。

 この休日の間、家内とも幾度と無く話し合いました。

 まず僕達にできること。

 自分達の生を確保する。

 これは単に生きるということだけではなく、少しでも早く普段どおりの日常を取り戻すことです。

 普段どおりに仕事をして、普段どおりに生産することです。

 これから日本経済は大きな打撃を受け、少しばかりの間混乱するでしょう。

 でも僕達、被災しなかった自分がまず両足踏ん張って仕事をしなくてはいけません。

 負傷した身体と同じで、僕達が頑張って普段どおりの仕事をしていけば、きっとバランスは取り戻せるはずです。

 次に学ぶこと。

 僕達は、学ばなければいけません。

 この地震が及ぼしたこと。

 被害はもちろん、助け合っている人の力、助けてくれている世界の人達のこと、何が必要なのか、何が起こっているのか。

 これを現実として受け止めて、学んでいかなくてはいけません。

 そして、想わなくてはいけません。たくさん、想わなくてはいけません。

 東日本の皆さん、頑張ってください!

 僕達も精一杯頑張ります!

 早く皆さんの笑顔が取り戻せるように、この場所から頑張っていきます!

 東北地方は僕の大好きなところです!

 必ずまた行きます!

 福島にも行きます!仙台にも牛タン食べに行きます!かっぱにもまた飲みに行きます!

 岩手山も見に行きます!盛岡ではわんこそばをまた食べに行きます!

 松島の牡蠣も楽しみです!気仙沼ではフカヒレも食べます!

 三陸のほやも僕を待っているはずです!八幡平も奥入瀬渓谷も必ず行きます!

 東北の皆さん、頑張ってください!

 今朝募金もしました!できることは何でもします!

 一日も早い復興を願っています!

 

 

 

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア