皆さん、こんにちは!

 『東岡崎 豚もつ鍋 明月』の藤原です!

 昨日も笑顔の御来店、本当にありがとうございます!

m(_ _ )m

 忘年会シーズン到来ですね!

 続々と御予約のお電話いただいてます!

 本当に、感謝です!

m(u_u)m

 さて、火曜日発行のメルマガ、『ほぼ週刊 少年メイゲツ』の今週の記事。

 リオ・ボトムさんの「手放すことの効用」の件。

 いくつか質問いただきましたので、この場を借りて僕なりに説明します。

 記事中にもありましたが、既存の考えを手放すことで新しいアイデアが手に入ります。

 リオ・ボトムさんの言葉を借りれば、これは物質においても同じことが言えるそうです。

 たとえば、今乗っている車を手放すことで、新しい移動手段か車を手に入れることができます。

 今着ている服を手放すことで、新しい着衣か装飾品などを手に入れます。

 分かったでしょうか?

 車⇒新しい車か移動手段。

 服⇒着衣か装飾品。

 つまりこの部分が本質的に得たいものの部分になります。

 もうひとつ注意点を述べると、手放すときには自分で見返りを求めないことです。

 オークションで売ってしまったり、交換したりしないことです。

 寄付したり、捨ててしまうほうが良いです。

 売ったり交換したりすると、得るものがその見返りの品物やお金に換わってしまうからです。

 

 物質を手放すときは、その点を注意しないといけないそうです。

 そして、今度は無形のもの。

 睡眠時間を手放すと、空いた自由時間を手に入れます。

 遊ぶ時間を手放すと、空いた時間や勉強時間を手に入れます。

 しがらみを手放すと、新しいつながりを手に入れます。

 仕事を手放すと、やはり、自由な時間か新しい収入源を手に入れます。

 この場合もやはり、本質的に得たいものは何かというイメージです。

 どうでしょうか?

 僕もまだまだ勉強中で、説明できているのか心配です。

 またメルマガで、リオ・ボトムさんの言葉は紹介する機会があるかもしれません。

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 さて、本日は華金!

 張り切って営業いたします!

(o^-‘)b

イェイ!

東岡崎 もつ鍋屋の社長ブログ

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア